ニベアの青缶がスゴい

6月 13th, 2014

私はここ5年間ほど海外に住んでいます。
こちらの生活はとても楽しくストレスフリーに生活を送っているのですが、一つだけ気になるのがお肌の調子です。日本に比べて冬はもちろん、夏でも空気がとても乾燥していて、お肌の乾燥が年々ひどくなってきました。
これまでもいろいろなスキンケア対策をとってきたのですが、どうも今ひとつ改善されませんでした。

ある日、インターネットでニベアの青缶を顔に塗るとツルツルすべすべになるという記事を発見しました。それまではニベアってハンドクリームに使うくらいの認識しかなかったので、最初「顔になんて塗っちゃっていいの?」と驚きましたが、たくさんの口コミを見て一度試してみようと思い、夜おフロに入った後化粧水の後、ニベアをお顔全体に塗りハンドプレスしてみました。すると、思っていたよりベタベタせず、スッと肌になじんでくれました。
次の日起きて鏡で見ると、いつもよりお肌がもちもちしているような気がしました。
気になっていたお肌が荒れたりももちろん無く、数日するとみるみるお肌に潤いが戻ってきました。こんなに効果があるとは思いませんでした。
お化粧の前にも、私はBBクリームとニベアを1:1の割合で手の平で混ぜて使うようにしています。ニベアを混ぜることによってお化粧をしていても潤いが持続して、化粧したまま時間が経っても平気になりました。
今ではニベア缶が手放せません。
お肌のケアはこれさえあれば大丈夫です。

ジョンマスターオーガニックのニューヨーク発100%天然由来ヘアケア製品

6月 3rd, 2014

ジョンマスターオーガニックとは
ジョンマスターはニューヨークのマンハッタンで活躍するヘアスタイリストでした。
彼は自宅のキッチンで15年以上かけて、最初は植物を茹で、
レモンを加えるようなシンプルな方法でした。
オーガニックエッセンシャルオイルの研究を始めて、現在は
40以上ある高品質なオーガニック製品を生み出しました。
1980年代、彼のスタイルはセレブやファッション界で火がつき、
ニューヨークから世界へ広がっていきました。
1990年代初め、ニューヨークのマンハッタンで毒素のないジョンマスターの
サロンが誕生しました。
ネイル、ストレートヘアパーマ、自然素材以外でのカラーリングはしません。
風力エネルギー100%で、化学薬品を一切使わないサロン用ヘアケア製品を使う
彼のサロンスタイルは、スーパーナチュラルビューティーとして髪や肌に
やさしい製品を提供しています。
ニューヨークのサロンは、2011年から製品のストアになっています。

ジョンマスターオーガニック製品の特長
パラペン、ラウリン硫酸ナトリウム、DEA、MEA、TEAを使用していません。
遺伝子組み換え原料、石油系化学物質、合成香料、合成着色料なども使っていません。
植物オイル、エッセンシャルオイルを含むすべての原材料は、可能な限り
オーガニック認証されたものを使用しています。
自然栽培の原料はすべてアメリカ農務省(USDA)に認可された
フランス拠点の世界基準有機認証機関エコサート(ECOCERT)にも認められています。
原材料は環境に配慮された髪、肌に有効な成分です。

ジョンマスターオーガニックアルガンオイル
アルガンオイルとはアルガンツリーという植物から採れるオイルです。
抗酸化力、保湿力に優れ、アンチエイジング効果が期待できます。
数滴でマッサージオイル、ヘアトリートメントとして使うことができます。
バスタブに垂らせば保湿入浴剤にもなります。

ジョンマスターオーガニックヘアワックス
ヘアスタイリングに使うワックスです。
髪の中間から毛先に少し塗るだけで、自然なツヤが出て髪がまとまります。
オリーブオイル、ホホバオイル、ローレルオイル、ローズマリーリーフエキス
蜜ろうなど多くの植物由来成分をブレンドしています。

脱毛の自己処理とサロン処理のメリットデメリット

6月 2nd, 2014

徐々に薄着になっていくこの季節。面倒だなと思いつつも気になるのがムダ毛です。
腕や足の露出に伴い、冬場は隠せていたムダ毛も隠しておけない、女子とっては何かと
お手入れに気を使います。

手軽にできるのはやはり自己処理。
お風呂に入ってレディース用のシェービングで毎日お手入れという方が多いのでは。
お金もかからないし、気になったらすぐにできるのはいいですよね。
ただ、自己処理をすることによって気になるのがシェービング後のお肌のメンテナンス。
剃り残しがあったり、深く剃りきれなくてポツポツとゴマのように残ることもしばしば。
剃刀負けでお肌が赤くなったりと手軽にできる分デメリットも多いです。

また、毛抜きで地道にという方もいらっしゃるでしょう。
1本1本をつまんでは抜きという作業は手間がかかりますがシェービングよりも再度生えてくる
スピードもゆっくりになるという利点や皮膚に対する負担も軽減されます。
しかしどういうわけか、毛抜きで抜くと次に生えてくる毛が埋もれやすくなるのです。
上に生えてくるべき毛が皮膚の中を横に伸びていき、処理ができなくなる。

ではサロンで処理するのが一番ベストなのか。
サロンでの処理はほとんどがレーザー照射による脱毛になりますが、やはりそれなりに金額を
投資しなければいけないこと、何度も通わなくてはいけない、部位の冷却と照射時のピリっとした
痛みなどやはりデメリットはあります。
個人差も大きく、照射による効果がすぐに反映されるかというとそうでもない。
じっくりと時間とお金をかけて処理することで後々は脱毛の手間をなくすのがサロン処理のメリットです。

脱毛処理には、どの方法にも必ずメリット、デメリットがあります。
貴女の生活スタイルに合わせて無理のない方法を探してみてください。